ずぼらーのグルテンフリー

なるべく楽をしながらグルテンフリー(できればカゼインフリーも)を実践したいブログです。

グルテンフリーパンケーキ

普段はパンケーキなんてまず焼かない(面倒だから)私ですが、ゴールデンウイーク中、焼きました。連休っていいものですね。こういう5連休がいつも、3カ月に1回くらいのペースであればいいのに。

 

だいぶ前にiHerbで買ったあと、使わずに放置していたグルテンフリー・パンケーキ・ミックスです。賞味期限が2017年5月19日でした。ギリだ。

 

 f:id:glutenfreechan:20170508222959j:plain

Gluten Free Pancake Mix(King Arthur Flour)

【原材料】全粒玄米粉ばれいしょでん粉、タピオカでん粉、米粉、砂糖、ベーキングパウダー(重曹ピロリン酸カルシウム、第一リン酸カルシウム)、天然香味料、塩、ビタミン&ミネラルブレンド[炭酸カルシウム、ナイアシンアミド(ビタミンB3)、還元鉄、チアミン塩酸塩(ビタミンB1)、リボフラビンビタミンB2)]、キサンタンガム

 

(* iHerb見て気付いたのですが、最近パッケージ・デザインがリニューアルされたようです。写真に写っているのは数カ月前に買ったやつなので、ひとつ前の旧パッケージ。箱の中身は、原材料を見る限りでは変わっていないようです。)

 

アメリカのメーカーが出している商品で、認証つきのグルテンフリー施設で製造されているとのこと。iHerbでのレビュー数がとても多く、日本のレビュアーにも全体的に好評なのを見て、興味を引かれて買ってみたのでした。

 

f:id:glutenfreechan:20170508233539j:plain

 

このミックスに混ぜるものは以下。

  • バター(植物油で代用OK)
  • 牛乳(ライスミルクなどで代用OK)

牛乳の代用には豆乳を使う人が多いようです。

 

私は 卵・ココナッツオイル・アーモンドミルク を入れて作ってみました。

 

f:id:glutenfreechan:20170508232250j:plain

メイプルシロップをかけて食べた

 

普通においしいです。「小麦入りの普通のパンケーキと遜色ない味。グルテンフリーと言われなければ気付かない」という、多くのレビューにも頷けます。

 

食感としては、端っこのほうがサクッとしていて、中はふんわり。

ただ、私の作ったパンケーキには、他の方々が書いているような「もちもち」感はありませんでした。むしろほんの少しボソボソ感があったような。アーモンドミルクを入れたせい……? もしくは、単に私の調理方法がヘタクソだっただけなのかもしれませんが。

 

あと個人的には、バニラっぽい香りがけっこう強いように感じました。もう少し弱めの、やさしい香りにしてほしいです。アメリカ製だからしょうがないのか。

 

しかしトータルで言って『グルテンフリー』を感じさせないパンケーキで、満足でした。ベーコンエッグと一緒にモリモリ食べてしまった。

 

 

おこめケット(プレーン・黒ごま)と豆花

グルテンフリーかつ乳フリー、かつ買って食べるだけ(調理の必要なし)なおやつシリーズです。

 

〈おこめケット〉は香川県のメーカー、禾(のぎ)という会社が製造しているお菓子なのですが、この禾さんは「米」を使った食品づくり(小麦粉・卵・乳などのアレルゲンは使用しない)に力を入れているようです。

 

f:id:glutenfreechan:20170506011551j:plain

f:id:glutenfreechan:20170506011559j:plain

■おこめケット・プレーン(禾)

【原材料】米粉香川県産)、粗精糖、有機ショートニング、大豆粉、玄米粉香川県産)、アーモンドパウダー、米油、あられ、食塩

■おこめケット・黒ごま(禾)

【原材料】米粉香川県)、粗精糖(鹿児島県)、有機ショートニングトランス脂肪酸1%未満・コロンビア)、玄米粉(米:香川県)、大豆粉(大豆:アメリカ)、黒すりごま、あられ(タイ、国産)、米油、アーモンドパウダー(アメリカ)、食塩(長崎県

 

どちらも5個入りで税込250円くらいです。

 

米粉のビスケットで、食感はザクザク、ホロホロしています。ちんすこうにちょっとだけ似てるのかな。でも甘さは控えめな感じ。

 

プレーン味にも黒ごま味にも小さなあられの粒が入っていて、これが食感につぶつぶとしたアクセントを与えています。

 

やさしい味で、一般的なビスケット並の甘さや硬さはありません。最初に食べたときはそれが物足りなく感じたのですが、今はこのやさしい風味を丁寧に味わうのがいいのだ、と思うようになりました。

 

パッケージとビスケットの形がかわいいのが大きいですね。デザインのパワーってすごいな~、と感心します。かわいいから大事に食べよう。という気持ちになるというか。

 

個人的には〈プレーン〉のほうが好きですが、〈黒ごま〉も、ごまの風味がしっかりしていて美味しいです(でも、黒ごま味の場合はもうちょっと甘くてもいいなとは思う……)。

 

 

次は、カルディで見つけた〈豆花〉。

 

f:id:glutenfreechan:20170506023921j:plain

■豆花(トーファ)(カルディオリジナル)

【原材料】豆花[豆乳(遺伝子組み換えでない)/ゲル化剤(加工デンプン分)、増粘多糖類)、乳化剤]、黒蜜[液糖、果糖ぶどう糖液糖、黒砂糖、三温糖、水飴/カラメル色素]

 

f:id:glutenfreechan:20170506024406j:plain

 

「豆花」というのは台湾の屋台でよく売られている、ぷるぷるした豆乳スイーツの名前なのだそうです。私もその存在自体は知っていたのですが、本場のものを食べたことはまだありません。

 

パッケージの中にパウチが2袋(豆花と黒蜜)入っていて、それを皿に出して食べるだけ、というお手軽さ(事前に冷蔵庫で冷やしておきます)。

黒蜜はけっこう気前のいい量が入っています。

 

ぷるぷるつるつるしたやわらかい舌触りで、豆乳の風味が、想像していた以上にしっかりとします。黒蜜とマッチしておいしい。

パウチから出したときには「量がけっこう多いな」と感じたのですが、ぷるぷる食感のせいか、つるーんとすぐに完食してまいました。

 

豆乳が苦手でなければ、楽しめるおやつだと思います(本場の味に近いのかどうかはよくわかりませんが)。

 

 

小麦・乳不使用のスナック3種

以前、ハッピー○ーンをよく食べていたときがありました。

原材料の中に小麦が入っておらず、かつ大抵のコンビニで手に入る商品なので、小腹が空いたとき、とくに塩っぽいスナックが欲しくなったときに、手軽に買えてよかったんですよね。

しかし、これを食べると気分が悪くなることが結構ありました。とくに「パウダー200%」のやつなんかを食べるとそうなることが多かったので、おそらく添加物のせいなのだと思います。

「小麦(グルテン)」が入っていなくても、「添加物」で具合が悪くなってしまうというわけです。味は好きなんですが……。

 

それ以来、次の条件が揃ったスナック類をなるべく選ぶようになりました。

 

  • 小麦不使用
  • 添加物もなるべく不使用
  • ついでに乳もなるべく不使用

 

いちばんよく買うのは、ローソンの〈オリーブオイルで揚げたポテトチップス〉です。

 

f:id:glutenfreechan:20170504014040j:plain

■オリーブオイルで揚げたポテトチップス(ローソン)
【原材料】じゃがいも(遺伝子組換えでない)、オリーブオイル、食塩(イタリア産天日塩100%使用)

 

原材料がシンプルで、かつおいしい。オリーブオイルくささもありません。「普通においしいポテトチップス」な味です。塩が天日塩100%なところにこだわりを感じます。

 

次に、最近はまっている〈米粉入りお魚チップスオニオンソテー〉。

 

f:id:glutenfreechan:20170504014225j:plain

米粉入りお魚チップス オニオンソテー(別所蒲鉾)
【原材料】魚肉すり身、馬鈴薯澱粉、食用なたね油、米粉、オニオンソテー、砂糖、食塩、魚粉(アジ)、魚醤(イワシ、食塩)、昆布だし、かつおだし

 

f:id:glutenfreechan:20170504020133j:plain

パッケージ裏より↑

 

原料にかなりこだわって作られているようです。クセのない、やさしい味ですが旨味もしっかりあって、すごくおいしい! 魚肉すり身が入っているので、栄養も取れるような気がします。

「オニオンソテー」以外にもいろいろなフレーバーが出ていて、全部で6種類あるようです。全部試してみたいなあ。

 

次はマヨネーズ風味のおかき。

 

f:id:glutenfreechan:20170504014420j:plain

■日本の米100% 化学調味料無添加(やまだ株式会社)
【原材料】もち米(28年佐賀ヒヨクモチ)、マヨネーズ、海老、胡麻、青のり、粉末酢、卵黄、マスタード、砂糖、食塩、酵母エキス

 

自然派のおやつですが、マヨネーズの味がしっかりついていて、濃いめのフレーバーが楽しめるところが好きです。

調べたところ、原材料の「マヨネーズ」も、添加物の少ないものを使用しているようです。

(マヨネーズの原材料:食用植物油脂、卵黄、醸造酢、糖類[水あめ、砂糖]、食塩、蛋白加水分解物、香辛料、レモン果汁[原材料の一部にりんごを含む])

 

 

スナック系は今後もどんどん開拓していきたいです。

 

 

ローソンで買うランチ

コンビニ食はなるべく避けたいところではあるのですが、手作り弁当を毎日欠かさず作るレベル(超人)にまでは、私はまだ達せていません。

なので、コンビニのもので昼食を済ませることがよくあります。

 

小麦不使用ではあっても添加物は入っているので、「健康的な食事」とは言えませんが……。それでも「グルテン」の破壊力に比べると、まだ「添加物」の破壊力のほうが、私の体にとっては極小なんですよね。

 

自宅からも職場からも近いのがローソンなので、ローソンによく行きます。小麦不使用のものを選ぶようにしていると、やはりというか、買うものがワンパターン化してきました。

 

f:id:glutenfreechan:20170411211737j:plain

■新潟コシヒカリおにぎり 焼さけハラミ(ローソン)

【原材料】塩飯、焼さけ、海苔、塩、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシン、炭酸Mg

■FD料亭の味 茄子(マルコメ

【原材料】米みそ、揚げなす、デキストリン、でん粉、わかめ、かつお節粉末、ねぎ、かつおエキス、かつお節エキス、昆布エキス、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.E)

緑黄色野菜のサラダ(ローソン)

【原材料】大根、人参、オクラ、ブロッコリー、かぼちゃ、リーフレタス、ミニトマト、レタス、レッドキャベツ、食塩、pH調整剤、グリシン酵素、トレハロース(原材料の一部に卵を含む)

 

 

おにぎりやインスタントスープで、原材料に「小麦」と書かれていないものって、意外と少ないです。

ただ、醤油に含まれる微量の「小麦」が表示されているだけの商品もわりとありそうな気もするので、それくらいなら(私の場合は)気にするほどでもないかも? とも思うのですが。

 

サラダのドレッシングは、別売りの〈シーザードレッシング〉をよく買います(小麦不使用ですが、乳は当然入っています。でもいつも買ってしまう……)。

 

あとは、〈切れてる厚焼玉子〉なんかもよく買います(←これによく似た商品〈だし巻き玉子〉のほうには小麦が入っています)。

 

f:id:glutenfreechan:20170412202853j:plain

■切れてる厚焼玉子(ローソン)

【原材料】鶏卵、砂糖、発酵調味液、醸造酢、食塩、かつお節だし(本枯節)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、着色料(カロチン)

 

 

ほか、〈サラダチキン〉なども小麦は入っていないようですが、まだ食べたことはありません。一度くらいは試してみようかな。

 

 

免疫力が弱っていても、体は軽い

小さな口唇ヘルペスと、大きな口内炎が同時に発生していて、参っています。

たぶん野菜不足なのと、仕事のストレス(平日+土曜日フル出勤が多い)のせいでしょう。ヘルペスはピリピリするし、口内炎は熱いお茶などを飲むと激痛が走ります。

 

免疫力が落ちている状態なのだと思うのですが、にもかかわらず、体がものすごく軽くて、自分でも驚いています。これはたぶん、グルテンフリー(と乳製品フリー)を極力、心掛けているおかげなのでしょう。原因はそれくらいしか考えられないので。

 

「体が軽い」というのは、体重が急に減ったということではなく、「全身にあった〈炎症〉が消えたような感覚」というか。「身体感覚としての倦怠感、ダルさが一気になくなった感じ」と言えばいいでしょうか。うまく説明できませんが、「ラク」なのです。

 

この「体の軽さ」は、もう何年もず―――っと、体感できずにいたものでした。でも、どこか懐かしいような感覚でもあって。もしかすると子どもだった頃や、十代前半くらいだった頃には、これが普通だったのではないか? とも思うのですが、昔のことすぎて(?)上手く思い出せません。

 

たとえば健康な人間であれば、疲れたときにはしっかりと睡眠を取れば、疲労は回復するものだと思います。

それが私の場合、どれだけ寝ても、倦怠感が消えることはなかった。多少は回復したとしても、ダルさは常に残っていて、日常生活(特に運動量が多いわけでもない)を送るだけで、すぐに疲労困憊してしまっていました。

なのに、この食生活に切り替えて以来、「体が軽い感覚」を急に取り戻したのです。「そういや『寝て回復した状態』って、こういうのだったっけ……?」と、呆然とするような。

 

正確に言うと、この体感を得るには、揃わないといけない条件があります。

 

  • 1~2日間、グルテンフリーをきちんと実践する(必ずしも完璧である必要はないが、極力)。
  • 同じく1~2日間、乳製品フリーをきちんと実践する(必ずしも完璧である必要はないが、極力)。
  • しっかりとした睡眠を6時間は取る。

 

この3つが揃うと、翌朝から上述の「体の軽さ」が得られます(※あくまで私個人のケースの話です)。

ただし3条件のうちいずれかをサボると、またすぐに元の体調に戻ってしまう。

 

口唇ヘルペス口内炎ができるような、免疫力の低下した状態にあっても、この「体の軽さ」はちゃんとあるわけなので、これはつまり、小麦と乳製品が、私の体にとってどれほど大きなダメージだったか、ということかと思います。

 

ただ、劇的に体が軽くなるとはいえ、「まだ〈完全な軽さ〉には到達していない」と、なんとなく感じていることも事実なんですよね……。

 

グルテンフリー&乳製品フリーをさらに長期間、続けていけば、その〈完全〉が得られるのか、それともまだ解決するべき別の問題が他にあるのかは、まだ分かりません。

 

引きつづき、自分の体調を観察しつづける予定です。

 

 

 

そぼろ弁当と小麦不使用インスタントスープ

「丼」の弁当って、楽に作れるのでいいですね。米の上に何かしら載せればいいだけですから。私にでもできる!

 

しらす丼が超絶ラクなのでものすごく頻繁に作ってたのですが、最近、食べすぎて飽きてきたので、今度はそぼろ丼を作りました。

 

f:id:glutenfreechan:20170403211242j:plain

 

そぼろは料理するのが簡単だし、作り置きもできるので私にピッタリです。冷蔵庫に入れておいて、朝、ご飯の上に載せたらそれで完成。

小麦不使用の醤油と、小麦不使用のめんつゆを使っているので、完全にグルテンフリーです。

 

インスタントのスープは、無印良品の〈食べるスープ オクラ入りねばねば野菜〉。原材料の中に「小麦」が入っていません(←インスタントスープで小麦が入ってないやつって、けっこう見つけるのが大変)。

オクラ、モロヘイヤといった緑の野菜が入っているし、食感も好きなのでよく買っています。

 

f:id:glutenfreechan:20170403213345j:plain

 

■食べるスープ オクラ入りねばねば野菜(無印良品

【原材料】醤油、デキストリン、魚介エキス、食塩、砂糖、でん粉、醸造調味料、酵母エキス、ゆず果汁、かつお節加工品、具(鶏肉加工品、オクラ、鶏卵、モロヘイヤ、生姜、わかめ、ゆず皮)、酸化防止剤(V.E.)

(※原材料の中に「小麦」は入っていませんが、小麦を含む他の製品と同じ設備で製造されているようなので、コンタミネーションの可能性はあるかもしれません)

 

 

GFパスタ麺と小麦不使用レトルトソース

グルテンフリーのパスタは何種類か試してみたことがあるのですが、今のところ、小林製麺というメーカーが出しているグルテンフリー麺、とくに〈フェットチーネ〉という平たいパスタが好きで、よく食べています。

 

小麦ではなく米粉を使った麺で、フェットチーネのほか、スパゲティーラーメンやきそばなど、いろいろ出ているようなのですが、私は〈フェットチーネ〉をよく買います。

 

麺に合わせるソースも市販のもので、原材料を見て「小麦」が入っていないものを選んでいます(私の場合、コンタミネーションは気にしていません)。

 

よく食べるのがこの組み合わせ↓

 

f:id:glutenfreechan:20170327235000j:plain

 

■お米のフェットチーネ(日持ちタイプ)(小林製麺)

【原材料】米粉、食酢、酒精、増粘剤(キサンタンガム、アルギン酸エステル)、クチナシ色素、打粉(加工でん粉)

■予約でいっぱいの店のボロネーゼ(S&B)

【原材料】パスタソース[牛肉、トマトペースト、トマト、トマトピューレー、野菜ペースト(玉ねぎ、人参、セロリ、オリーブオイル)、ソテー・ド・オニオン、コーン油、還元水飴、赤ワイン、バター、食塩、オリーブオイル、砂糖、こしょう、塩化Ca、(原材料の一部に大豆を含む)] トッピングチーズ

 

f:id:glutenfreechan:20170327235116j:plain

 

小林製麺のこのグルテンフリーパスタは、もちもちっとした食感でおいしいです。違和感がないというか、普通のフェットチーネとの違いをあまり感じません。米を使っているせいか、腹持ちもいいような気がします。

写真の〈フェットチーネ〉は原材料に白米を使ったものですが、玄米を使った〈玄米フェットチーネ〉もあります。どちらもおいしい!

 

f:id:glutenfreechan:20170327235150j:plain

 

S&Bのボロネーゼソースは、グルテンフリー食を知る以前から好きで、よく買っていたものです。グルテンフリー食を始めてから原材料を見てみたら、意外にも「小麦」が入っていなかったので、喜んで引きつづき食べています。

同じ「予約でいっぱいの店のパスタソース」シリーズでは〈ポモドーロ〉も好きなのですが、そっちには小麦が使用されていました。残念!

 

 

別のソースで、無添加かつ小麦不使用のパスタソースも見つけたので、こちらもたま~に食べています↓

 

f:id:glutenfreechan:20170327235319j:plain

■(※麺は上のと同じです)

無添加トマトソース(オーマイ)
【原材料】野菜(玉ねぎ、にんにく)、トマトペースト、ソテーオニオン、牛脂、はちみつ、チキンエキス、食塩、コショウ、バジル末、セロリ末、ベイリーブスパウダー(原材料の一部に豚肉を含む)

 

f:id:glutenfreechan:20170327235532j:plain

 

無添加のトマトソースですが、けっこう塩気が強く、濃い味です。

でも、味が濃いのに、ちょっと物足りなさがあるんですよね。個人的には、もう少しコクが欲しいような気もします。化学調味料不使用なのでしょうがないのかな。決して美味しくなくはないのですが。