ずぼらーのグルテンフリー

なるべく楽をしながらグルテンフリー(できればカゼインフリーも)を実践したいブログです。

玄米麺ベジソバ@ソラノイロNIPPON

私は地方住まいなのですが、先月、東京に遊びに行きまして、グルテンフリー食を扱うお店をいくつか訪れましたので、そのレポートを書いていきたいと思います。

 

ソラノイログルテンフリーのラーメンがメニューにあるラーメン屋さんで、以前から興味津々だったお店。

本店が定休日だったので、東京駅店のほうに行きました。

 

f:id:glutenfreechan:20170102032113j:plain

東京駅の改札を出て、地下、ラーメンストリートの一角にあるソラノイロNIPPON。

私が行ったのは週末の夕方でしたが、店内は満席、お店の外には5人ほど並んでいて、店員さんたちは忙しそうでした。

 

f:id:glutenfreechan:20170102032553j:plain

メニューのすべてがグルテンフリーというわけではありません(ほとんどのメニューには小麦の麺が入ってる)。

私はグルテンフリーのものが食べたいので、〈玄米麺ベジソバ〉1050円 を注文。ついでに〈ソラのスムージー〉150円も。

 

グルテンフリーなのは「玄米麺」です。同じ「ベジソバ」でも、パプリカ練りこみ麺の入っているものには小麦を使用しているようです。

 

f:id:glutenfreechan:20170102033810j:plain

おしゃれな器に入って出てきた〈玄米麺ベジソバ〉とスムージー。ベジソバは彩り豊かでキレイ!

 

このラーメン(というかソバ?)はグルテンフリーなだけでなく、ヴィーガンでもあります。つまり、植物性原材料のみを使用。

 

スープは野菜のブロスに人参ピュレ、香味油、特製の塩ダレ(ポルチーニ・しいたけ・昆布にフランス産の塩を混ぜているらしい)が加えられたもので、かなりトロッとしたテクスチャーです。ドロッとしている、と言ってもいいほど。

クリーミーな豆乳ソースもかかっていて、こだわりを感じます。

 

とはいえ動物性の材料は不使用のため、味そのものは、動物系のスープに比べると薄めではありました。いわゆる「普通のラーメン」とはまったく違う味。

 

f:id:glutenfreechan:20170102040930j:plain

 

スープの味がマイルドなことも手伝って、玄米麺の風味がわりとしっかり主張してきます。穀物の香ばしさが強い感じ。

 

お店の説明によればこの玄米麺は、「小麦アレルギーの人でもラーメンが食べられるように」と、島根県宮内舎という会社から提案されたものなのだとか。減農薬の玄米を使った麺だそうです。

 

器の端っこについているペーストはゆず胡椒。少しずつ足して、自分の好みに合わせた味・辛さに調節できます。食べていく途中でこれを入れると良いアクセントになり、飽きずにスープを楽しめました。

 

おいしいラーメンなのですが、「普通の(動物性の材料を使った)ラーメンに近い味を期待して食べる人は、物足りなく感じてしまうだろうな」とは思いました。

あくまで「ヴィーガンのラーメン」であることを大前提として、「普通のラーメンの味」は頭から取っぱらったうえで食べるといいのだろうと思います。 

 

 

「女性が一人でも気軽にラーメンを食べれるお店」というコンセプトのとおり、おしゃれな店内で、店員さんも感じがよかったです。グリーンスムージーもおいしかった!